学習指導

ICT教育

2019年度よりICT教育が本格的に始動します。全教室に電子黒板型プロジェクターとWi-Fi(無線LAN)を設置しています。また2019年度入学生よりiPadを使用した授業が始まります。

2019年度より授業支援サービスとしてロイロノート、Classiを導入します。ロイロノートを利用すると、例えば授業中、教員が生徒のタブレットに問題や資料を配信したり、全員で共有することができます。またClassiの導入により教師と生徒、保護者の連絡や情報発信、生徒の成績管理などがタブレット上で行うことができます。教師と生徒間の双方向の学習が教育の新たな可能性を引き出します。

 現在、特別進学コースではスタディサプリ、総合進学コースではBrains e-Learinigを導入しています。生徒がPC,スマホなどで自学自習を行うい、成績向上につなげていきます。またe-ポートフォリオを活用し、学習や活動記録を蓄積し、進路指導や学習指導に役立てます。