学校紹介

進路について

東海大札幌高校の進路について

東海大札幌の進路先(年によって変動があります)

東海大学付属札幌高等学校は東海大学の付属高校です。各地にさまざまな「付属」高校がありますが、全員が系列大学に進学する学校やほとんど進学しない学校もあります。本校はおよそ半分が東海大学、残り半分が他の進路先を選択します。東海大学へは希望者全員が東海大学へ進学することが可能です。また東海大学以外を希望する生徒もたくさんいるので、特進コースを中心に充実した受験指導を実施する体制が整っています。つまり東海大学でも他大学でも多様な希望の進路に対応できるのが本校の強みです。大学進学を考えている生徒はぜひ本校にいらしてください。

 また就職志望者は例年5%から10%程度で多くは市役所、警察官、消防士、自衛隊など公務員がほとんどです。

大学進学で選ぶなら東海大札幌

東海大札幌高校は大学進学に向けてサポート体制が充実しています。大学進学率は9割を超え、生徒のうちおよそ5割が東海大学へ進学します。2つのコースのうち、特別進学コースを中心に難関大学進学に対応した学習指導、進路指導を行っています。

東海大学へは希望者全員が進学可能です。さらに成績優秀な生徒には特別奨励推薦(25万円の奨学金が与えられます)、特別学力推薦・特別学力推薦など、多彩な推薦制度があります。

生徒一人ひとりに対応した進路指導

東海大札幌のサポート体制

年2回の面談期間を設け、学校生活や進路について担任と綿密な懇談を行います。さらにオリジナルの教材を用いて、進路だけではなく、将来の職業や生き方について深く考える機会を設けています。またベネッセと協力し、ファインシステムを用いて、模試の結果が進路実現に結びつくよう適切なアドバイスを行っています。

東海大学と連携した充実の進路指導

東海大学との強い連携が進路選択の大きなメリットになります。東海大学の優れた教授陣が訪問授業や講演を行ったり、大学や学部学科の説明会を開催したりしています。このような機会を通じて、自分にあった適切な進路をじっくりと考えていきます。

小論文指導や面談指導

推薦入試などに不可欠な小論文についても対策をしっかり立てています。小論文模試や添削指導を繰り返すことで実践的な文章力を養います。また学園全体で文章力の向上にも取り組んでいます。面接指導についても複数の教員による模擬面接を繰り返すので、本番では十二分の力を発揮することができます。

着実に成果を出す合格実績 (2014~16年度)

国公立大学(36名)

北海道大学(6名) 、帯広畜産大学2名(うち共同獣医1名)、小樽商科大学2名、室蘭工業大学1名、北海道教育大学14名、東京芸術大学2名、札幌市立大学1名、筑波大学1名、岩手大学2名、広島大学1名、金沢大学1名など

東海大学(267名)

医学部1名、工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻1名、健康科学部看護学科5名、国際文化学部142名、生物学部10名、体育学部23名、政治経済学部、法学部、工学部、情報通信学部、Hawaii Tokai International College ほか

道外私立大学(91名)

早稲田大学2名、国際基督教大学1名、東京理科大学1名、同志社大学4名、明治大学4名、中央大学3名、法政大学5名、芝浦工業大学、東京女子医科大学、専修大学など

道内私立大学(91名)

北海学園大学、北星学園大学、天使大学、北海道医療大学、北海道薬科大学、北海道文教大学、酪農学園大学、札幌保健医療大学、日本医療大学など